腱板損傷

腱板とは?

 肩のインナーマッスルとして働く筋肉を腱板(けんばん)と言います。肩にある腱板は、「棘上筋(きょくじょうきん)」「棘下筋(きょっかきん)」「小円筋(しょうえんきん)」「肩甲下筋(けんこうかきん)」の4つの筋肉で構成されています。アウターマッスル(カラダの表面にある大きな筋肉)やインナーマッスル(関節に近い部分にある小さな筋肉)は皆さん聞いたことあるでしょうか。肩に関しては、このアウターマッスルとインナーマッスルをバランス良く使うことが大事とされています。そのため、中高年に生じやすい腱板損傷とは腱板が痛んでしまうためインナーマッスルが上手く働かないために痛みや腕が挙がらないといった症状が出現してきます。

腱板が損傷する原因

 腱板が損傷してしまう原因は大きく3つ挙げられます。

1. 加齢による影響
 年齢を重ねるにつれて、腱板の変性(老化)が生じることで傷んできます。注意しなければいけないのが、四十肩や五十肩と違って「関節自体は動くけど動かすと痛い」「自力で腕を挙げられない」といった症状が出現します。四十肩や五十肩なのか腱板が損傷しているかは医療機関に受診して確認することが大切です。レントゲンのみでは腱板が損傷しているか分からないためエコー(超音波診断装置)やMRIでしっかり肩の状態を確認してもらいましょう。

2. 外傷(ケガなど)
 先ほどの加齢による影響は徐々に腱板が傷むのが原因に対して、転倒により手をついたときや
重い物を持ち上げたときなど、外傷によって一気に腱板が損傷してしまいます。

3. 使い過ぎ(オーバーユース)
 野球など肩を使うスポーツを長年行っていた方や力仕事をされていた方など日常的に肩を酷使したことが原因で腱板が傷んでしまいます。

治療方法

 まず、頭に入れておきたいのが損傷した腱板自体は治らないということです。じゃあ、ずっと症状が続くのか・・と不安になると思いますが安心して下さい。腱板損傷による一時的な炎症であれば注射や薬物療法で痛みが良くなります。またリハビリで肩甲骨の機能を高めることや肩関節自体の動きを改善することで症状を緩和させることは可能です。注射や内服、リハビリを行っても症状が変わらない場合は手術を提案します。手術は現在では内視鏡を用いて、傷口も大きくなく可能になっています。手術後は外転装具といわれる装具を約3~5週間装着しつつリハビリを行う流れになります。