活動概念

整形外科クリニックの一般的な仕事は、怪我が生じてから治療を行い、リハビリテーションにより現場へ復帰させることです。当院では診察・リハビリテーション共に早期復帰を目指しております。

しかしながら、怪我をしてからの対応では、「練習を長期的に休まなければいけない」「思うようにパフォーマンスが発揮できない」「最後の大会に出られない」などといった問題が多く生じます。チームにとっては、選手1人の怪我でも大きな影響があり大問題となります。

従って、怪我を未然に防ぐことが重要です。

怪我を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?柔軟性、筋力、バランス、スキル等が良好な状態であれば怪我のリスクを減らすことができます。
それらのコンディションが今どのような状態にあるのかを個別にチェックし、改善のためのアドバイスをすることがスポーツメディカルチェックです。

当院ではメディカルチェックと並行し、ケガ予防とパフォーマンスアップを目的とした運動指導も行なっております。当院と提携している”Z-fitness”のトレーナーにより、競技特性に合わせた運動を指導します。

現在、小・中学生の野球チーム、サッカーチーム、バスケットボールチームに対してスポーツメディカルチェックを行なっています。
今後はテニスやランニングなどの競技にも間口を広げ、活動の幅を広げていきたいと考えています。

立川市を中心とした多摩地域において様々なスポーツや年代にも、怪我の予防からパフォーマンスアップまで選手のニーズに応じた形でメディカルチェック活動を普及させていきます。

「怪我を防いでスポーツを楽しみ、さらには勝てる身体作りをしていきましょう!」

ご興味のある選手やチームの方は、問い合わせフォームからお問い合わせください。

活動実績

小中学生を対象とした”野球肘検診” 年1〜2回程度

肘の骨、靭帯を超音波画像診断装置で検査します。
野球に必要な身体機能の評価をします。

小学生サッカーチームを対象とした”メディカルチェック”

捻挫で痛める足首の靭帯を超音波画像診断装置で検査します。
サッカーに必要な身体機能の評価をします。