膝関節の診療について

オスグッド病

 成長期において、脛骨粗面という膝前面にある骨の出っ張りに痛みが出てくるのが特徴です。太もも前側にある「大腿四頭筋」という筋肉が硬くなると脛骨粗面を引っ張るストレスが強まり疼痛が生じてきます。

 基本的には適切に休養をすることが大切です。しかし、それだけではスポーツを再開した際に再発してしまう可能性があります。そのため、当院では柔軟性の低下している「大腿四頭筋」を中心にストレッチを行うことや動きのクセを修正することでスポーツの負荷に耐えられる身体作りを目指していきます。

変形性膝関節症

 歩行や階段昇降をはじめとして膝を深く曲げる動きでも痛みを生じます。X線にて関節の状態を確認して変形が進んでいる、膝痛が強い場合には手術適応となります。御本人の希望や症状から保存療法で進めていく場合には、内服や関節内注射による炎症のコントロールをしながらリハビリを行うことが大切になります。
(X線)

膝関節は他の部分(股関節・足首)や姿勢と関連するのが特徴です。当院では、膝関節の動きを整えることに加えて、他の部位から膝関節へかかる負担を減らす視点も持ちながら個人の状態に合わせてリハビリを行います。