オスグッド病

オスグッド病とは?

オスグッド病は、成長期(小学校高学年~中学生)に多くみられサッカーやバスケットボールといったジャンプやストップ動作などを繰り返すスポーツで発症することが多い疾患です。脛骨粗面という膝前面にある骨の出っ張りに痛みが出てくるのが特徴です。「走っている際」「ジャンプの着地」「膝を深く曲げた場面」にて痛みが生じてきます。

オスグッド病になる原因

1. 太もも前側の筋肉が硬い
成長期では、急激に身長が伸びるために筋肉の柔軟性が低下します。つまり、身体が固くなりやすい時期です。特に太もも前側にある大腿四頭筋という筋肉が硬くなると、脛骨粗面を引っ張るストレスが強まります。

2. 足首が硬い
足首が硬くてしゃがむことが出来ない子は要注意。しゃがむ際に膝が前に出やすく膝へのストレスが高まりやすい。足首の動きを良くするためにふくらはぎのストレッチが重要です。

3. 骨盤が後傾している
オスグッド病は動きの姿勢とも関連があります。背骨が丸くなり骨盤が後傾していると重心が後ろ気味になります。その姿勢でスポーツをすることで膝の前側に負担がかかります。骨盤が後傾している子はお尻や太もも裏側の筋肉をストレッチすることが必要です。

オスグッド病の治療

基本的には適切に休養をすることが大切です。手術を選択することは稀であり、保存療法で症状の改善を目指していきます。運動後のアイシングや運動中に装具(サポーター)をすることも膝への負担を減らすためには必要ですが、それのみではオスグッド病になってしまった原因が解決されません。しっかりと膝にかかるストレスを減らすためにも身体の柔軟性や使い方のクセを治します。