椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアは、腰部のクッションである椎間板にストレスが加わり後方の神経を圧迫することで症状が生じる疾患です。主な症状としては、「激しい腰痛」・「脚のしびれや痛み」・「脚の感覚が鈍くなる」・「脚の筋力低下」・「排尿や排便に影響」が挙げられます。

ヘルニアって良くなる?

急激な脚の麻痺症状(筋力低下や異常な感覚)や排尿・排便に障害が生じた場合や耐えられない痛みが強く早期に症状を改善したい場合は手術が必要となる場合がありますが、基本的には適度な安静やリハビリで症状が緩和します。神経を圧迫している椎間板の一部も約3か月経つと吸収されて無くなると言われています。

日常生活での注意点

状態にもよりますが、基本的には過度な前かがみ姿勢により椎間板へのストレスが高まり症状が悪化する可能性があります。そのため、床の物を拾う場合などは股関節や膝をしっかり曲げて腰への負担を減らすことが大切です。

リハビリの内容

疼痛が強い場合は注射や薬で症状を緩和した状態でリハビリを行います。
椎間板への負荷を減らすために過度に腰の筋肉に力が入り過ぎていると椎間板のみでなく腰周りの筋肉から痛みが生じることもあります。そのため、腰の筋肉のリラクゼーション(過度に緊張した筋肉を緩める)を図ります。
また、股関節の可動性が低下すると姿勢や動作の際に腰部への負担が増加します。そのため、臀部や大腿部の筋肉の柔軟性を高めて股関節の可動性を良くしていきます。
体幹のエクササイズに関しては、過度に背骨を動かすと症状を強める可能性があります。そのため、状態に応じたエクササイズ方法を担当理学療法士と相談しましょう。