脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは?

背骨の中を通る神経の通り道のことを脊柱管と言います。加齢に伴い、腰椎の変形や椎間板・靭帯の変性(老化)などが原因で神経の通り道である脊柱管が狭くなる状態を言います。

どんな症状が出るの?

症状の特徴は、歩いていると臀部や脚に痛みやしびれといった症状が悪化し、中腰や座って休むと症状が緩和することが多いです。症状が酷くなるとじっとしていても脚の痺れが続くことや脚に力が入らないといった神経症状の悪化が生じます。

治療方法

症状に応じて薬物療法やブロック注射を行いながらリハビリを行います。リハビリでは、腰部や股関節周りの筋肉の柔軟性を高めて姿勢を調整することで神経の圧迫による血流障害を改善して症状の緩和を目指します。リハビリによる効果を認めない場合や神経症状の憎悪(歩ける距離が極端に短くなる、脚に力が入らなくなる症状が進行している、排尿・排便障害)が生じている場合は、手術を検討することもあります。