こんな方が対象です。

・変形性関節症でヒアルロン酸や内服薬、リハビリテーションで痛みが抑えられないが手術は避けたいという方。

・スポーツなどによる腱の痛みが通常の治療で改善せずお困りの方。

 PRP療法とPFC-FD

PRP(platelet rich Plasma:多血小板血漿)療法はゴルフのタイガー・ウッズ選手やメジャーリーガーの大谷翔平選手が怪我の治療に利用した治療法で、ご存知の方も多いかと思います。

患者自身の血液を採取し、遠心分離機にかけることで傷を治す力をもつ血小板が濃縮されたものを作り出し、患部に注入することで怪我の治癒を促す治療です。

PFC-FDとはこのPRP治療を応用、進化させた技術と言えます。

PFC-FDはPlatelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dryの略称であり、日本語にすると「血小板由来成長因子濃縮液を凍結乾燥保存したもの」という意味です。PRPで用いる血小板から傷を治してくれる成長因子のみを取り出し凍結乾燥(フリーズドライ)します。これを注射で患部に注入し、炎症抑制や治癒を促す治療です。

PRPとPFC-FDの違い

PRPは通常医療機関内の遠心分離機で作成します。一方、PFC-FDは採取した血液をセルソース株式会社の工場に発送し工場にて加工作成します。時間は要しますが、PFC-FDの加工に特化した施設での作業になりますのでより確実で安定した効果が期待できます。

セルソース株式会社 再生医療センター

加工法の違いによりPFC-FDではPRPに比べ、成長因子が2倍含まれます。成長因子が治療効果の肝となりますのでこの差は重要と考えられます。

PRPでは注射部位に細胞成分による反応で痛みが出ることがあります。細胞成分を除去してあるPFC-FDは痛みが出ることは少ないです。

PRPは作成当日の注射が必須ですが、PRP-FDはフリーズドライされていますので約半年間の保管が可能です。予めとっておいて必要な時に注射するという使用法も可能です。

PFC-FD治療の流れ

    1. 問診・診察
    2. PFC-FDの材料となる採血(49㏄)行います。これをセルソース株式会社に送付します。
    3. セルソース株式会社にて感染症の検査を行います。感染症がない場合PFC-FDを作成します。
    4. 3週弱で完成したPFC-FDが当院に送られ、注射が可能となります。
    5. 都合の良いタイミングで患部に注射します。

料金

問診、採血、注射総額 187,000円(税込)
感染症により注射ができなかった場合は診察・処置・検査代として16,500円(税込)をいただき170,500円(税込)を返金致します。

Q & A

どういった症状の人にPFC-FD療法が有効ですか?
  • ヒアルロン酸やステロイドを注射しても痛みが取れない、あるいはすぐに戻ってしまう方。
  • 人工関節を勧められているけどまだしたくないという方。
  • 膝に水が溜まっていて辛い方。
  • 腱などの痛みが他の治療で落ち着かない方。

などに効果が期待できます。

PFC-FDですり減ってしまった軟骨は再生しますか?
残念ながらこの治療でしっかりとした軟骨が再生されるということは確認されていません。膝が元通りになるというよりも痛みが改善するという効果が期待できます。
PFC-FD療法を受けられない人はいますか?
悪性腫瘍、感染症のある方は治療を受けることができません。
PFC-FD療法はどの位の効果が続きますか?
治癒を促す効果は3か月から半年ほど続くと見られています。その間に関節周囲の筋力や柔軟性の改善が得られれば痛みのない状態がずっと続くことも期待できます。
変形が強くても効果が出ますか?
やはり、人工関節を強く勧められるような変形の強い方は変形の軽い方に比べて効果はでにくいです。
ただ、他の治療に比べると変形の強い方でもPFC-FDの効果は出やすいというデータはあります。
今までの受けていた保険診療による治療は受けられますか?
後日来院して頂ければ問題なく治療を受けていただけます。特にリハビリテーションについてはしっかり受けていただくことをお薦めしています。PFC-FDを注射した関節内への他の注射は、効果が薄れる可能性があるので最低でも1か月は空けていただく必要があります。