投球障害(肩)

投球障害とは?

 投球動作を繰り返すことにより肩に痛みが生じるものを投球障害肩と言います。投球障害といっても、痛みが出る部位は筋・腱・関節唇など様々であり、痛みが出るタイミングも異なります。痛みが生じる原因としては、投げ過ぎによるオーバーユースが考えられます。しかし、その背景には肩に過度に負担をかけてしまうカラダの問題(カラダが硬い、筋肉が上手く使えていない)による投球フォームが原因として隠れています。

投球動作は全身運動

 投球は「正確に投げる」「速い球を投げる」「遠くに投げる」ことが競技におけるパフォーマンスを高めるために必要です。その際に、腕だけに頼ってしまうと肩を痛めてしまいます。投球動作は、下肢(脚)⇒体幹⇒上肢(腕)へと力が上手く伝わることがパフォーマンスの向上や障害を予防するために大切です。そのため、痛みのある肩の治療だけでなく全身の動きを修正することが必要になります。

実際のリハビリは何するの?

痛みのある肩の状態を確認しながら治療をしていきます。そして、投球動作に関わる体幹や股関節の可動性を改善しつつ下半身から上半身への力の伝達に必要な筋肉の働きを良くしていきます。当院では、投球ネットも設置しているためより実践に近い形での動きを確認して復帰を目指します。