肩関節脱臼

肩関節は脱臼しやすい

肩関節は骨の構造から脱臼しやすい関節です。ほとんどが外傷によって生じ、ラグビーやアメフトなどのコンタクトスポーツに多くみられます。肩の脱臼は、腕が外転/外旋位(腕を開いたポジション)を強制されること前下方への脱臼を起こすことがほとんどです。脱臼を一度起こしてしまうとクセになり、脱臼の回数が増えるとスポーツ活動のみでなく日常生活でも脱臼が生じやすくなってしまいます。

治療方法

脱臼を整復して時間が経過すれば、とりあえず腕を使うことは可能になりますが、その後も日常生活やスポーツ活動において脱臼を繰り返すのであれば手術が必要です。特に若年者が脱臼すると再発しやすいため、根本的な治療は手術になります。
手術方法としては、関節鏡視下で脱臼を防ぐ組織である関節唇の修復を行う「Bankart(バンカート)修復術」が行われます。ラグビーやアメフトのような手術後も肩関節に強い負荷のかかる競技に関しては、上記の手術法では再脱臼を起こす確率が高まるために烏口突起という肩甲骨の一部の骨を使って手術する「Bristow(ブリスト)法」を行う方法もあります。

スポーツ復帰

手術後はリハビリが大切になりますが、術後3ヵ月までは再脱臼を起こしやすい動きはリハビリの時や日常生活でも注意することが必要です。スポーツ競技にもよりますが、一般的な競技復帰に関しては約6ヵ月が必要になります。脱臼は急性外傷によって引き起こされる場面がほとんどですが、競技スキルや身体機能の問題も影響していることが多いです。そのため、競技復帰に向けたリハビリでは背骨の動きを良くしたり肩甲骨の固定性や腱板(インナーマッスル)の強化をしっかり行い、不安感なく競技復帰出来ることを目標に行っていきます。